男性の礼服はズボンはシングルを着用する

お通夜やお葬式に参列するときの男性の服装は黒の礼服が一般的です。
お通夜に参列するときには仕事帰りなど急ぎ駆け付けることもあるため、礼服や喪服でなくても失礼にはなりませんが黒やグレー系といった地味な色で上下合ったものを着用します。
お葬式の参列する服装は略礼服で黒の上下で白のワイシャツ、黒のネクタイを着用しますが注意が必要な場所がズボンの裾です。
上はシングルやダブル、三つ揃いでも問題はありません。
近年の傾向として、若い人はシングルで年配の方はダブルを着用することが多いですが特に決まりがありません。
ズボンの裾はシングルまたはダブル、どちらなのかという疑問があります。
ズボンの裾の仕上げに折り返しがないシングル、折り返しがあるダブルがありますが、お葬式に参列する場合の礼服は裾はシングルが一般的です。
ダブルは折り返してしまうという意味があり失礼になり、カジュアルに見えてしまうため避けた方がおすすめです。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.