葬式に参列できない時の弔電のマナー

葬式に身近な人やお世話になった人が亡くなった際には、葬式に参列しようと考えるのは当然のことではないでしょうか。
しかし葬儀は突然のことということもあり、都合がつかず参列できないこともあります。
その際に送ることになるのが弔電です。
必ずしも送らなくてはならないものというわけではありませんが、送るに越したことはありません。
その際には気をつけておかなくてはならないマナーがいくつかあります。
まず第一に、送るタイミングには気をつけておきましょう。
弔電は告別式の中で読まれることもあるので、遅くても告別式が始まる数時間前に到着するように送っておくべきです。
告別式に間に合わないとなれば、非常識な人だと思われてしまうので、間に合わないことが判明した場合には無理に送るのではなく後日改めて挨拶に伺ったり電話をかけるなどして、お悔やみの気持ちを伝えるようにするというのが送るタイミングの最低限のマナーということは確かです。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.